カーボンニュートラル


2020年10月26日、第203回臨時国会の所信表明演説において、

菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする(※)、

すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。

 

※「排出を全体としてゼロ」とは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量から

、森林などによる吸収量を差し引いた、実質ゼロを意味しています。

我が国は、現在、年間で12億トンを超える温室効果ガスを排出しており、

2050年までに、これを実質ゼロにする必要があります。

このカーボンニュートラルへの挑戦が、産業構造や経済社会の変革をもたらし、

大きな成長につながるという発想で、日本全体で取り組んでいくことが重要です。

カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現につながる行動の例


・冷暖房の温度設定の適正化、クールビズ・ウォームビズ

・再生可能エネルギー由来の電力への切り替え

・冷蔵庫、照明、エアコンなどの家電製品をより高効率なものに買い替え

・高効率給湯器の利用

・窓や壁などの断熱リフォームによる健康・快適な住環境づくり = スーパーウォール工法

・住宅への太陽光パネルの設置

・新築時には高断熱で災害にも強いネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)や太陽光パネル付き住宅に


ZEHにおける政府目標


2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の50%以上、

2030年までに新築住宅の100%をZEHにすることを目標としている。

しかし、現時点での達成率は全体で20%程度に留まっている。

ハウジングメイトのZEH普及率目標と実績


2019年、2020年とZEH住宅を新築することができませんでした。

ハウジングメイトは、国の目標である普及率50%達成を目標として

ZEH住宅づくりに積極的に推進していきます。