パッシブファーストな住宅づくり


2021年4月より省エネ性能の説明義務化にあたり、

住まい手へ住宅の省エネ性能をお伝えする機会が増えてきます。

この機会に住まいの省エネ性・快適性を向上しませんか?

 

秋田県、湯沢市、ハウジングメイト、新築、パッシブファースト

1.住宅の省エネ性向上には、まずは断熱


断熱性能を強化するメリット

暖かさを保つのも涼しさを保つのも断熱性能を上げることが重要です。

例えば断熱性能を高めると、上下の温度差・部屋間の温度差が低減されます。

一番熱が逃げてしまう「窓」の断熱性のを高めると、

少ない暖房でも部屋が暖かく、長く維持できます。

温度差による血圧変動の低減も期待できます。

 

住宅の断熱性能を高めるポイント

壁・床・天井・窓・基礎などの断熱性能を上げると、

冬はより少ない暖房でも暖かくなりますが、

特に窓は熱が多く逃げやすいので、窓の断熱性能を上げると高い効果が期待できます。

夏は上部からの日射量が多いので天井・屋根の断熱性能を上げると、

より太陽の熱をガードでき、冷房効果を高めます。

2.冬、さらに快適で省エネルギー性能を向上させる


冬、太陽の熱を暖房利用するメリット

冬の晴れた日は、日差しが部屋の奥まで差し込みます。

昼間は南側から太陽の熱が入るので、上手に取り込んで部屋を暖めておくと、

日中だけでなく夕方から夜までぽかぽかした心地よさが長く続きます。

断熱性能を上げることでより少ない暖房でも暖かくなります。

太陽の熱を暖房利用することでさらに暖房機の使用量が少なくても、

暖かさが長持ちするようになります。

冬の太陽熱を多く取り込む住宅設計のポイント

効率よく熱を取り込むには、住宅の向きや南隣家との距離も重要です。

1)冬場の日照時間は短いため、効率良く太陽の熱を窓から取り込むには、できるだけ真南に向いていることが理想です。住宅の方位は真南から30°以内であれば有効、15°以内が理想です。

2)冬至の日に1階の窓に太陽の熱が当るように、南隣家とできるだけ距離をとりましょう。



3.夏の日差しをコントロールする


夏、太陽の熱を遮るメリット

冬と同じように太陽の熱を取り込むと夏は暑くなります。

冬と反対に夏は太陽の熱が入ると、断熱性が高い住宅ほど熱が溜まってしまうので、

できるだけ太陽の熱を取り込まないようにすると、冷房の効きが良く、涼しくなります。

夏の太陽熱を遮る住宅設計のポイント

住宅に当たる太陽の向きや高さを考えて、太陽の熱を遮るようにします。

南面は真昼に上から太陽が当たるため、ひさしやオーニングを、

東西面は朝夕に窓の正面から長時間太陽が当たり、

部屋の奥まで熱が入ってきてしまうため、

すだれやシェードで窓全面を覆うとより多くの熱を遮ることができます。

太陽が低い位置から当たる窓には、カーテンだけでは多くの熱が室内に入ってきます。

窓の外で日よけすると、効果的に太陽の熱を遮ることができます。


4.風を採り込む


風を採り込むメリット

太陽の熱をガードしても熱が入ってしまうので、暑くないように除熱が必要です。

夏、屋外から入ってきた熱は上の階に上がっていきます。

一旦、2階や天井部に溜まってしまうと後から冷房をかけてもなかなか涼しくはなりません。

朝晩の涼しい風を採り込むことで、熱を外に排出して、室温を下げることが効果的です。

春・秋は、自然の風を通して心地よく過ごせます。

 

風を採り込み、こもった熱を排出する住宅設計のポイント

できるだけ高い場所に開閉できる窓を設け熱を排出できるようにしましょう。

さらに下から上の階に風が通るように工夫すると、

温度差換気で暑くなった空気が自然と屋外に排出されていきます。

さらに、1部屋に2か所以上の開口部を設け、

住宅としてどの方向から風が吹いても室内に採り込めるようにしましょう。


5.光を採り込む


室内に光を採り込むメリット

中古住宅では『明るさ』についての不満が多く上がってます。

室内に採り込んだ光を直接光の入らない部屋にまで届けることで、

明るさに対する不満を減らすことができます。

隣家等の建物や植物などを意識して、

できるだけ多くの面から光を採り込むと、明るい空間になります。

 

自然光を採り込む住宅設計のポイント

LDKなど家族が長く居る部屋は2面以上の窓を設け、

階段・廊下・洗面室などは1か所以上の窓を設けましょう。

明るさが行きわたるように室内ドアはガラス付もしくは欄間の設置がおススメです。